30歳を過ぎて結婚し、子供ができると将来を考えてマイホームを購入しようと考える人が多いでしょう。

賃貸物件を見るときのポイント
賃貸物件を見るときのポイント

住まいは賃貸がよいか購入がよいか

30歳を過ぎて結婚し、子供ができると将来を考えてマイホームを購入しようと考える人が多いでしょう。しかし、転勤などが発生する仕事をしていると、単身赴任をしたり、他の人に貸したりとその後のマイホームをどうするか検討が大切でしょう。そして、資産を持つことから、固定資産税の支払いが発生したりといろいろな必要経費ががあります。そして、家、部屋の中の設備が故障したら、修理、交換の費用が発生するのが持ち家になります。

持ち家に比べて賃貸マンションなどで月々にかかる費用は、家賃、共益費ぐらいあるくらいです。ボーナスは全額残ります。それに対してマイホームはボーナスの一部がローンに充てられます。部屋の設備の故障は故意でなく、自然の破損でしたら、オーナーが支払い、借りる側は費用が発生しません。

マイホームとしての家、マンションを購入するとローンの支払い以外にいろいろな費用が発生します。賃貸の家、マンションでは基本的には家賃だけです。家を借りるほうがメリットがあるのは、働いている時までです。退職した後も家賃を支払うのは結構な負担となるか、安い家賃の賃貸物件にh引っ越さないと生活できません。ずっと賃貸で過ごすのであれば、若いときからお金を貯めておくことが大切です。

Copyright 2017 賃貸物件を見るときのポイント All Rights Reserved.