賃貸物件を探す時、事前に知っていると得になることがあります。

賃貸物件を見るときのポイント
賃貸物件を見るときのポイント

知っていると得をする賃貸物件の探し方

賃貸物件を探す時、事前に知っていると得になることがあります。家賃の高い物件は、それだけ人気があるということです。そのことを念頭において、条件をどれだけ絞れるかによって選択がしやすくなります。不動産を訪れる時、漠然とよい物件がないかを見に行くと、担当者が困ったり時間がかかることになります。条件をあらかじめ上げておき、メモをとっておきます。さらに優先順位をつけて明確なビジョンを持っておきます。そうすることで有効な物件を教えてもらいやすくなります。ネットで物件を探す方法は楽で情報が早いと思いがちですが、足を使って直接見て回ったほうが確実で早いです。店頭でのみ情報公開している場合があったり、問い合わせもその場で返答を聞けます。

探す期間はだらだらと探すよりも、短い期間で集中的に探すほうが効率的です。せっかく見学をしても時間が経つと記憶も曖昧になります。探す期間を決めて探し、どうしても決まらなければさらに期間を延ばして集中的に再度探します。家賃を下げたいという場合には、時期にも注意が必要です。2月や3月は物件を探す人が多いので、10月や11月あたりを狙うと家賃を下げてもらえる可能性が高いです。試しに家賃が下げられないか交渉をしてみましょう。

Copyright 2017 賃貸物件を見るときのポイント All Rights Reserved.